歯ブラシ

自分に合った歯ブラシとは?

毛先の柔らかさ

通常は「ふつう」を選んでおけば問題はありません。
歯の治療中、治療後の人は「やわらかめ」、タバコのヤニなどが気になる人は「かため」など、その状況に応じて選んで下さい。
歯ブラシは硬いほど歯垢を落とす力が強くなります。つまり歯垢除去力は、硬め > ふつう > 柔らかめ、となります。
だからといって強い力で磨く癖のある人が硬めのブラシを使うと、力加減によっては歯や歯茎にダメージを与えてしまうことがあります。
ですが、普段弱めに磨いてしまうお年寄りや女性向きが硬めの歯ブラシを使う、という組み合わせ方はあります。
柔らかい歯ブラシは歯周病で歯ぐきが腫れてしまい、ちょっとでもブラシが当たると痛い、という方に向いています。
ただし、歯茎の腫れが治ったら普通のブラシに変えて下さい。
軟らかい歯ブラシを使い続けると、また歯垢が残る→歯茎が腫れる、という悪循環になることもあるからです。
特に何も問題のない方は普通の硬さを使ってください。

毛先の太さ

歯ブラシの毛先には、「まっすぐ」タイプ、「先細」タイプ、「球」タイプがあります。
それぞれに良さはありますが、歯周病予防にもなる先細タイプの歯ブラシがお奨めです。
まっすぐですと、毛先が届きにくい歯周ポケットができてしまいがちですが、先細タイプでしたら歯周ポケットへも届き、 毛先が良いマッサージにもなるため、歯茎が締まります。

毛先のカット

今よく売られているのは山型であったり、複雑な形のものが多いですが、平切型が毛の高さが均一ですから、どこにも当たり一番使いやすいです。

握り部分

平べったいもの、丸いもの、角ばったりといろいろあるので自分で握ってみて好きなものを選んで下さい。
歯ブラシの握り方は基本的に2種類あり、鉛筆のように持つ方法と、グーのように握って持つ方法があります。
角ばっているものは鉛筆持ち、丸いものは握り持ちに適しているでしょう。
ですが、基本的には自分が磨きやすいスタイルで構いません。